地域の安全・安心対策を100箇所以上実施!

  8年間では、200箇所以上になります。
  関係者の皆様ありがとうございました。
  主な事例を紹介します。

@ カーブミラー設置

馬垣町
中野町
篠尾町

A 老朽化した道路整備

別所町
道路拡幅と舗装
日赤病院前
道路陥没修理
篠尾町
道路舗装

B 一旦停止標識設置

福1丁目
下馬1丁目
板垣1丁目

C 公園整備

ふち西公園
水飲み場とフェンス整備
舞屋熊野公園
神社との壁面整備
春日公園
遊具の整備が充実

D 歩道の整備

ふち中央公園横

板垣交番横
電動車いすの為
車止め間隔拡大

みのり1丁目

E 横断歩道の整備

大名町交差点
点字ブロック設置
花堂東2丁目
江守中(西環状線)
その他、照明灯設置・河川清掃・側溝整備・排水対策など実施しています。

「転入された皆様へ、市長の御礼メッセージ」が採用!!

ようこそ福井市へ

市長の御礼メッセージが採用!!
(3月度議会で私が提案)

 人口減少が続く中、「福井市に転入した方に最大のおもてなしを」 と提案!
それは、一人の転入された方からの窓口対応での苦情相談がきっかけでした。
  ようこそ福井市へ! 
  −日本一幸せなまち ふくい−

福井のここがすごい!!
平均寿命・共働き率・合計特殊出生率・子どもの学力体力・「社長輩出」本県出身の社長の数・女性の働く環境が充実・病院や介護施設も充実

福井市国土強靭化地域計画策定!!

 想定する自然災害に「雪害」を追加

  (1)地震(2)津波(3)風水害(4)雪害 の4つの自然災害を想定し、 23項目の起きてはならない最悪の事態に備える施策を計画的に推進します。 私は災害が多発する今こそ、こうした計画が必要であると議会で推進してきました。 福井市議会議員 下畑 健二
9月議会で質問

Q 雪害対応についてはどのように明記していくのか?

A 想定する自然災害に雪害を追加し、起きてはならない最悪の事態、リスクシナリオを設定し、通路の除雪体制の強化や公共交通の安定した通行の確保、市民に対する適切な除雪情報の発信などを推進すべき施策に明記する予定です。(総務部長)

市役所内に「ハローワーク」設置!

5月10日 開設日に視察

下畑けんじが、推進!!

 「自立サポートセンターよりそい」は、福井市役所別館3F西側に開設。就職が決まらず生活に困っている人やひとり親世帯などの相談に対応。 福祉支援と就労支援をワンストップで行う相談窓口です。

放課後児童クラブが6年生まで拡大!!

留守家庭の子ども達の放課後の居場所作りとして、児童クラブの拡充に熱心に取り組みました。 平成27年度から小学校6年生まで拡大予定です。

老朽危険な空き家対策が前進!!

空き家対策を議会で何度も取り上げました。 福井市は「空き家等の適正管理に関する条例」を 平成25年10月に制定し、対策が前進しました。

学校の耐震化100%を推進!!

子ども達の安全だけでなく、地域の避難所にもなる学校や体育館の耐震補強を推進しました。 平成27年度で100%予定 !体育館天井材・照明器具の落下防止も推進 !

福井市防災フェアに参加! 8月26日ハピテラスにて

 福井市防災士の会の一員として参加。 防災クイズ・新聞紙スリッパ作りコーナー担当。

「福井市防災士の会」が発足し、顧問に就任!

防災士資格取得者は、2月末現在で県内に2034名、福井市内に427名です。
今回会員43名で発足。
役員14名中3名が女性です。
今後は会員相互の研修を中心に、福井市内の学校防災アドバイザー事業に取り組みます。
会長に石橋壮一郎氏が就任
岡本福井高専教授が記念講演

その他実績!!

@ 高齢者の安心の為に救急医療情報キットを配布。
A 交通災害基金約1億円を、交通安全対策に今後使用。
B 各種証明書のコンビニ交付が開始(県内初))
C 災害時用のマンホールトイレを整備(県内初)

地域の安全・安心対策

下畑けんじ通信一覧